過去問研究

第18回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問2

2021年10月に行われた、第18回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問2について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

「今後の人材開発政策の在り方に関する研究会報告書」(厚生労働省、令和2年10月)で述べられた「具体的な取組み」に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

選択肢

  1. 在職者に対する訓練は、受講生から他の労働者への波及効果が乏しいため、今後、中高年齢層に対しては、若年・中堅層に教えるという役割を担うためのインストラクション技法に関する訓練が必須であると記載されている。
  2. 時間や場所を問わずキャリアコンサルティングの機会を提供できる遠隔相談の活用は、実際に会って相談する場合ほどの効果が得られないため、その要件を明らかにした上で限定的に実施すべきであると記載されている。
  3. ジョブ・カードのデジタル化に当たっては、個人にとって登録するメリットが大きくなるよう、活用目的や場面に応じた提供サービスの充実や利便性の向上を図り、幅広い活用につなげる必要があると記載されている。
  4. 職業能力評価制度である技能検定は、対人サービスなど無形の成果を提供するスキルの評価には適合しないので、デジタル技術を活用した新たな評価制度を構築する必要があると記載されている。

正解

3

各選択肢を検討

第17回で初めて登場した資料から、今回も出題がありました

参考

厚生労働省の下記ページに、当該報告書の概要と全文が掲載されています。

試験対策としてはもちろん、キャリコンとして知っておきたいことが満載です。一読しておくことをお勧めします。

1つ目の記述

不適切です。

上記資料5ページに以下の記載があり、在職者に対する訓練は、受講生から他の労働者への波及効果が期待されています。

在職者に対する訓練は、受講生から他の労働者への波及効果や中高年齢層の継続的な学びへの効果が期待され、さらには、中高年齢層の方が教える立場として活躍できる場を提供できる可能性もあることから、今後ますます重要となる。

2つ目の記述

不適切です。

上記資料6ページには、時間や場所を問わずキャリアコンサルティングの機会を提供できるよう遠隔相談の活用については、推進する必要があると記載されています。

3つ目の記述

適切です。

本資料において、ジョブ・カードについてはさらに普及していく方向で言及されています。また、7ページには以下の記載があります。

現在検討に着手しているジョブ・カードのデジタル化に当たっては、個人にとって登録するメリットが大きくなるよう、活用目的や場面に応じた提供サービスの充実や利便性の向上を図り、幅広い活用につなげる必要がある。

4つ目の記述

不適切です。

上記資料7ページに、以下の記載があります。

対人サービスなど無形の成果を提供するスキルの評価に、技能検定は適合しないと否定しているのではなく、技法検定における評価方法を検討しましょう、ということですよね。

技能検定については、職種の整理統合を計画的に進めつつ、地域産業を支える方策についても検討する必要がある。また、対人サービスなど無形の成果を提供するスキルを適切に評価することがますます重要となる。このようなスキルの評価には、新たなデジタル技術も活用した評価方法について検討する必要がある。

参考

第18回 学科試験 問1~問50

※問9までの解説を公開しました。問10以降は鋭意作成中。

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

関連記事

-過去問研究
-

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント