過去問研究

第18回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問32

2021年10月に行われた、第18回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問32について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

人生(キャリア)の転機に関する理論についての次の記述のうち、適切なものの組み合わせはどれか。

選択肢

A. シュロスバーグ(Schlossberg, N. K.)は、カウンセリングプロセスを通じて、状況(situation)、自己(self)、周囲の援助(support)、戦略(strategies)の内容を吟味し、転機に対処できる資源を整理する視点を示した。
B. サビカス(Savickas, M. L.)は、変化の激しい環境下では、予測できない転機やそれに伴う精神的ショックに対処するためにキャリア・アダプタリティが重要であると主張している。
C. クランボルツ(Krumboltz, J. D.)は、変化の激しい環境下での予期せぬ出来事を活かすために「積極的不確実性」を主要概念とする、キャリアにおける意思決定の新たな枠組みを提示した。
D. ブリッジズ(Bridges, W.)は、発達的観点から転機のプロセスを捉え、ある段階から新たな段階に進むには「達成」、「再探索」、「再確立」の3つの様相があることを明らかにした。

  1. A と B
  2. A と D
  3. B と C
  4. C と D

正解

1

各選択肢を検討

参考

1つ目の記述 A

適切です。

解説は後日追加予定。

2つ目の記述 B

適切です。

解説は後日追加予定。

3つ目の記述 C

不適切です。

解説は後日追加予定。

4つ目の記述 D

不適切です。

解説は後日追加予定。

参考

第18回 学科試験 問1~問50

※問9までの解説を公開しました。問10以降は鋭意作成中。

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

関連記事

-過去問研究
-

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント