過去問研究

第18回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問34

2021年10月に行われた、第18回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問34について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

「労働者等のキャリア形成における課題に応じたキャリアコンサルティング技法の開発に関する調査・研究事業報告書」(厚生労働省、平成31年3月)に示された、治療と職業生活の両立支援に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

選択肢

  1. がん患者の側面のみで相談者を支援するというよりも、あくまで相談者のワークライフキャリア全体を見て、納得できる選択と行動のための支援を行うことがキャリアコンサルタントの役割である。
  2. 自身ががん治療を経験したキャリアコンサルタントは、自己の経験をもとにしたがんの治療方法を相談者に積極的に助言することも、求められる役割である。
  3. 病気における転機はキャリアに大きな影響を与えるが、生涯ずっと健康であり続けることは難しく、病気になる時期を経ながら職業人生を送る人が増えてくることを念頭に、準備しておくことが大切である。
  4. 相談者と関係機関をつないだり、事業所に両立支援制度策定を提案するなど、環境に働きかけることが、キャリアコンサルタントに求められる役割である。

正解

2

各選択肢を検討

参考

1つ目の記述

適切です。

解説は後日追加予定。

2つ目の記述

不適切です。

解説は後日追加予定。

3つ目の記述

適切です。

解説は後日追加予定。

4つ目の記述

適切です。

解説は後日追加予定。

参考

第18回 学科試験 問1~問50

※問9までの解説を公開しました。問10以降は鋭意作成中。

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

関連記事

-過去問研究
-

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント