過去問での試験対策は必須&断然有利!

最低でも直近の3回分程度は、全問しゃぶり尽くすのがお勧めです。

過去問を解きながら様々な資料や書籍に目を通して、パターンを自分なりに体得し、キャリアカウンセリングの本質をつかみましょう。
そうすることで応用力が身に付いて高まり、変化球への対応力は高まっていくはず。

また、かなり前の試験に出た問題と同じ or 近い設問が、最近の試験で出ていたりもします。
特に、キャリア理論やカウンセリング理論、キャリア教育の領域でしばしばあります。
そういう問題を確実にとりにいくには、直近3回分より前の過去問も是非解いておきたいところです。

受験日まで余裕があるなら、ぜひ《全回解答チャレンジ》してみてください!
キャリコンとなってからの学びの基礎が築けます。

受験日まで余裕がないなら、過去問研究は最近のものに絞ることをお勧めします。

過去問 一問一答 目次

過去問カテゴリトップページ

新着記事

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント