国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第9回キャリアコンサルタント 学科試験問題 問3

投稿日:2018年9月26日 更新日:

2018年8月に行われた、第9回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問3について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

「平成28 年度能力開発基本調査」(厚生労働省)で示されたキャリアコンサルティングの効果に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

選択肢

  1. 自らのキャリアについての相談(キャリアコンサルティング)が役に立たなかったと回答した人の割合は6 割を超えている。
  2. 「自己啓発を行うきっかけになった」と回答した人の割合は、正社員の方が正社員以外よりも多い。
  3. 正社員・正社員以外ともに「自分の目指すべきキャリアが明確になった」と回答した人の割合が最も多い。
  4. 正社員以外では、「再就職につながった」と回答した人の割合が9 割を超えている。

各選択肢を検討

厚労省のHP内にある「キャリアコンサルティングの活用・効果」というページには、「平成29年度能力開発基本調査」をもとにした内容が掲載さています。

自分が受ける試験が、いつの時点の資料に準じて作られるか気を付けておく必要があるのか?最新の調査結果と一つ前の調査結果で異なるところが問われる問題があったら誤答してしまう可能性が・・

もしそうなら面倒くせー

平成28年度調査のキャリアコンサルティング(キャリアに関する相談)の効果はこちら⇒

キャリアコンサルティングが役に立たったかどうかの回答について

正社員・非正社員ともに9割以上の人が「役に立った」と答えています。

「自己啓発を行うきっかけになった」と回答した人の割合について

自己啓発を行うきっかけになったと答えた人は、正社員で29.5%、正社員以外で21.8%となって、正社員の方が8%ほど多くなっています。

正社員・正社員以外ともに最も多い回答について

役立った内容としては、正社員・正社員以外ともに「仕事に対する意識が高まった」と答えた人の割合が最も大きくなっています。

ちなみに、「自分の目指すべきキャリアが明確になった」は正社員・正社員以外ともに3番目に多い回答。

正社員以外で「再就職につながった」と答えた人の割合について

正社員以外で「再就職につながった」と答えた人の割合は9.5%。

ちなみに、正社員で「再就職につながった」と答えた人の割合は2.9%。

正解

2

キャリアコンサルタントの役割の理解に関する問でした。

参考、用語

厚生労働省|能力開発基本調査

厚労省|キャリアコンサルティングの活用・効果

-過去問研究
-

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.