国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第6回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問50

投稿日:2017年12月26日 更新日:

2017年11月に行われた、第6回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問50について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

選択肢

  1. 労働者の健康情報等は個人情報の中でも特に機微な情報であり、厳格に保護されなければならない。
  2. 職場復帰可否については、労働者の業務遂行能力が完全に改善していないことも考慮し、職場の受け入れ制度や態勢と組み合わせながら判断しなくてはならない。
  3. 正式な職場復帰決定の前に、社内制度として試し出勤制度等を設けると、より早い段階で職場復帰の試みを開始することができる。
  4. 職場復帰の際は、元の職場ではなく、新たな職場への復帰を積極的に検討するのがよい。

正解

4

各選択肢を検討

1つ目の記述

適切です。

当該資料5ページの内容に沿っています。

2つ目の記述

適切です。

当該資料6ページの内容に沿っています。

3つ目の記述

適切です。

当該資料5ページの内容に沿っています。

4つ目の記述

不適切です。

当該資料7ページに以下の記載があります。

職場復帰は元の成れた職場へ復帰させることが原則です。ただし、異動等を誘因として発症したケース等においては、配置転換や異動をした方が良い場合もあるので、留意すべきです。

参考

第6回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第6回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

 

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.