国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第5回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問16

投稿日:2017年9月27日 更新日:

2017年8月に行われた、第5回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問16について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

求職者支援制度に関する次の記述のうち、 不適切なものはどれか。

選択肢

  1. 就職につながる制度となるよう、適正な訓練設定と厳しい出席要件、ハローワークへの来
    所を義務付けている。
  2. 雇用保険の受給終了者、雇用保険の適用がなかった者は、訓練対象者とはならない。
  3. 訓練受講中、一定の要件を満たす場合には、職業訓練受講給付金が支給される。
  4. 求職者支援訓練は 、 民間教育訓練機関が実施する就職に資する訓練を認定している。

正解

2

各選択肢について

厚生労働省>求職者支援制度のご案内のページとそこに掲載されている資料を参考に考えます。

1つ目の記述

「求職者支援制度の概要」によれば、この制度は就職につながる制度となるよう、適正な訓練設定と厳しい出席要件、ハローワークへの来所を義務付けています。

2つ目の記述

「求職者支援制度の概要」によれば、以下の人が対象です。

雇用保険を受給できない者で、就職を希望し、支援を受けようとする者
具体的には、

  • 雇用保険の受給終了者、受給資格要件を満たさなかった者
  • 雇用保険の適用がなかった者
  • 学卒未就職者、自営廃業者等

3つ目の記述

「求職者支援制度の概要」によれば、以下の給付金があります。

訓練受講中、一定の要件を満たす場合に、職業訓練受講給付金(月10万円+交通費及び寄宿する際の費用(ともに所定の額))を支給。

4つ目の記述

「求職者支援制度の概要」に以下の記載があります。

民間教育訓練機関が実施する就職に資する訓練を認定。

参考

第5回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.