国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第4回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問44

投稿日:2017年6月28日 更新日:

2017年5月に行われた、第4回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問44について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

職業についての情報の分析に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

選択肢

  1. 職業調査は、広く「職業」全体を調べるものであり、「職業ハンドブック」作成のために実施された職業調査が典型的な職業調査といえる。
  2. 職務調査は、企業の中での「期待される人間像」を把握することに重点を置いた職務の把握の仕方をいう。
  3. 職務分析の職務は、作業を行うに当たって論理的・必然的に必要な一定のまとまりをもった要素作業のことである。
  4. 職務分析は、作業中の職務在籍者を観察し、その労働者、監督者、その職務に詳しい関係者に面接して、それを一定の法則に従って記述することにより行う。

正解

3

各選択肢について

参考

  • 木村周『キャリアコンサルティング 理論と実際』5訂版

1つ目の記述

適切です。

上記書籍103-104ページの内容に沿っています。

2つ目の記述

適切です。

上記書籍103ページの内容に沿っています。

3つ目の記述

不適切です。

「職務」は主要な、または特徴的な課業とそれに伴う責任が同一である一軍の職位。「作業を行うに当たって論理的・必然的に必要な一定のまとまりをもった要素作業」は「課業」の説明です。(上記書籍99ページ)

4つ目の記述

適切です。

上記書籍100ページの内容に沿っています。

参考

第4回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.