国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第4回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問38

投稿日:2017年6月28日 更新日:

2017年5月に行われた、第4回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問38について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

「人と仕事のマッチング」における自己理解の要素に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

選択肢

  1. 職業適性などの潜在的な能力
  2. 専門知識、技術、技能などの獲得された能力
  3. 中学校、高等学校などでの教科(科目)の成績順位
  4. 適性、興味、パーソナリティ、価値観などの個人的特性

正解木村周『キャリアコンサルティング 理論と実際』5訂版

3

各選択肢について

参考

  • 木村周『キャリアコンサルティング 理論と実際』5訂版

一般に、「人と職業のマッチング」に関係する個人の自己理解に必要な要素としては、次のようなものが挙げられている。

  1. 潜在的な能力(職業適性など)
  2. 獲得された能力(専門知識、技術、技能など)
  3. 受けた教育・訓練
  4. 個人的特性(適性、興味、パーソナリティ、価値観など)
  5. 余暇活動・その他の生活活動
  6. 個人をめぐる諸条件(企業の条件、家族環境、地域条件)

(上記参考書籍74ページ)

1つ目の記述

適切です。

上記の要素1番目に該当します。

2つ目の記述

適切です。

上記の要素2番目に該当します。

3つ目の記述

不適切です。

成績順位ではなく、受けた教育・訓練が必要な要素となります。

4つ目の記述

適切です。

上記の要素4番目に該当します。

参考

第4回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.