国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第4回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問33

投稿日:2017年6月28日 更新日:

2017年5月に行われた、第4回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問33について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

グループカウンセリングの特徴やメリットに関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

選択肢

  1. グループのサイズは、グループの目的や参加者の特徴によって決められる。
  2. グループカウンセリングにおいてキャリアコンサルタントは、グループプロセスを診断したり、必要に応じて介入したりする。
  3. グループカウンセリングでは、結果よりもプロセスを重視することが必要である。
  4. グループカウンセリングでは、クライエントがグループ・メンバーと話し合い、自己開示すること等を通じてソーシャルスキルを学習できる。

正解

3

各選択肢について

参考

  • 木村周『キャリアコンサルティング 理論と実際』5訂版

1つ目の記述

適切です。

上記書籍321ページの内容に沿っています。

2)メンバーの人数

グループ・ワークの目的にもよるが、1グループは5~8人程度がよいとされている。

2つ目の記述

適切です。

上記書籍322~324ページの内容に沿っています。

3つ目の記述

不適切です。

プロセスはもちろん大切ですが、話し合いの終結や、事後指導も大切です。(上記書籍310~325ページ)

4つ目の記述

適切です。

上記書籍310ページの内容に沿っています。

参考

第4回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.