過去問研究

第4回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問29

2017年5月に行われた、第4回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問29について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

ロジャーズ(Rogers, C.)の「人格と行動についての理論」の19の命題に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

選択肢

  1. 「現実とは何か」については、その人が受け止めている(認知)世界が現実であり、個人はその認知している現実の世界のなかで生きていると説明されている。
  2. 「生命体と環境の間には葛藤がある」については、個人の「こうしたい」という欲求と、こうしなければならない」という現実の間に葛藤が生じることが説明されている。
  3. 「自己理論と、その変化(発達)」については、他者を理解しようとするならば、その他者が自分自身の行動をその人の社会・文化で培われたその人自身の視点から見ているよう に、その行動を理解する必要があると説明されている。
  4. 「心理的適応」とは、自己概念が、個人の中で生起している体験を否認したり歪曲したりせずに受け入れ、その変化を取り込んで再体制化されている状態であると説明されている。

正解

4

各選択肢について

上記資料112ページに「人格と行動についての理論-19の命題」が掲載されています。

1つ目の記述

適切です。

「人格と行動についての理論」の19の命題の「現実とは何か」の内容に沿っています。

(命題1)個人はすべて、自分を中心とした、絶え間なく変化している体験の世界に存在している。
(命題2)生命体は、経験され知覚されるものとしての場に反応する。この認知される場は、個人にとって「現実(reality)」である。
(命題3)生命体は1つの有機的な全体(an organized whole)として、この現象的場に反応する。

2つ目の記述

不適切です。

19の命題には「生命体と環境の間には葛藤がある」というパートがありません。

3つ目の記述

適切です。

「人格と行動についての理論」の19の命題の「自己理論と、その変化(発達)」の内容に沿っています。

とても長いので引用はやめておきます。

4つ目の記述

適切です。

「人格と行動についての理論」の命題15の内容に沿っています。

(命題15)心理的適応とは、自己概念が、ある水準以上の象徴化において、生命体の知覚的・直観的な体験の全体を自己概念と一致した関係の中に取り入れているか、あるいは取り入れることができるときに存在する。

参考

第4回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第4回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

-過去問研究
-,

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント