国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第4回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問26

投稿日:2017年6月28日 更新日:

2017年5月に行われた、第4回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問26について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

育児休業や介護休業に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

選択肢

  1. 産前産後休業・育児休業期間中の健康保険料・厚生年金保険料は、事業主が申出をすることによって、その間の社会保険料が、被保険者本人負担分及び事業主負担分ともに免除される。
  2. 雇用保険料については、産前産後休業中、育児休業中、介護休業中は保険料の負担はない。
  3. 育児休業中・介護休業中に受けた給付金はともに所得税の課税対象となる。
  4. 雇用保険の被保険者でない人でも、居住する市区町村に申請することで育児休業給付の支給を受けることができる。

正解

1

各選択肢について

1つ目の記述

産前産後休業、育児休業期間中の健康保険・厚生年金保険の保険料は、事業主が申し出ることによって免除されます。

介護休業では免除はされません。

2つ目の記述

雇用保険料は、賃金に一定率を乗じた金額を負担するため、休業中の賃金の有無によって異なります。

休業中に賃金がなければ保険料支払いはありませんが、免除という意味ではありません。

3つ目の記述

育児休業給付金、介護休業給付金は非課税。

4つ目の記述

育児休業給付や介護休業給付は、雇用保険の被保険者であることが条件となります。申請先は、市町村ではなくハローワーク。

参考

第4回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.