国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第3回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問40

投稿日:2017年3月19日 更新日:

2017年2月に行われた、第3回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問40について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

キャリアコンサルタントが行う職業理解の支援に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

選択肢

  1. 職業理解においては、相談者の希望職種の情報は詳細に知ることが重要であるが、類似する職業や関連する業界全体の理解は不要である。
  2. 産業の理解においては、相談者が就業を希望する産業についてのみ理解させることが重要である。
  3. ハローワークの求人票は、その事業所の労働条件の中で最も高待遇な事例が記載されているだけであり、その事業所を理解するのには役に立たないことを助言しておく必要がある。
  4. 相談者のキャリア選択のためには、勤労観や職業観といった職業に関する基本的な考え方に関する情報や雇用情勢、労働市場に関する情報の理解を支援することも必要である。

正解

4

各選択肢について

参考

  • 木村周『キャリアコンサルティング 理論と実際』5訂版

1つ目の記述

不適切です。

職業理解とは、職業、産業、事業所、雇用・経済・社会状況を理解することである。しかし、キャリア選択で最終的に判断の基準にするのは「仕事そのもの」すなわち職業である。そこで、キャリア・ガイダンスにおいては、一般に、以上のような職業、産業、雇用・経済・社会全般にわたる理解を職業理解と総称する。(上記書籍89ページ)

2つ目の記述

不適切です。

職業理解とは、職業、産業、事業所、雇用・経済・社会状況を理解することである。しかし、キャリア選択で最終的に判断の基準にするのは「仕事そのもの」すなわち職業である。そこで、キャリア・ガイダンスにおいては、一般に、以上のような職業、産業、雇用・経済・社会全般にわたる理解を職業理解と総称する。(上記書籍89ページ)

3つ目の記述

不適切です。

ハローワークの求人票は、その事業所の労働条件の中で最も高待遇な事例だけが記載されているとは限りません。

4つ目の記述

適切です。

上記書籍88-96ページの内容に沿っています。

参考

第3回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

 

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.