国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第3回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問33

投稿日:2017年3月19日 更新日:

2017年2月に行われた、第3回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問33について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

キャリアコンサルティングのマネジメントに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

選択肢

  1. 相談者の目標設定、方策の選択・実行の支援は行うが、相談結果を自ら評価することは必要としない。
  2. 相談者との関係構築のために、面談の初期においてはクライエントセンタードアプローチで重視されている技法を用いることも有効である。
  3. 相談者の意思決定を支援する際に、複数の選択肢を検討すると相談者を混乱させやすいのでキャリアコンサルタントが最適であると判断した選択肢を 1 つに絞って提案する。
  4. 自らがケース指導を受けることはあっても、先輩として新人のキャリアコンサルタントに対して助言や指導は行ってはならない。

正解

2

各選択肢について

参考

  • 木村周『キャリアコンサルティング 理論と実際』5訂版

1つ目の記述

不適切です。

上記書籍302ページに以下の記載があります。

カウンセラーは、このケースについての結果、手段、スキルの行使などについて自己及び他人による評価を行う。

2つ目の記述

適切です。

クライエントセンタードアプローチが有効なのは面談初期に限りませんが。

3つ目の記述

不適切です。

キャリアコンサルタントが最適であると判断した選択肢を 1 つに絞ったら、相談者の代わりに意思決定を行うことになってしまいます。

4つ目の記述

不適切です。

経験を積みスキルが上がっていけば、後進への助言や指導をする側にまわることもあり得ます。

参考

第3回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

 

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.