国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第3回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問31

投稿日:2017年3月19日 更新日:

2017年2月に行われた、第3回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問31について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

グループカウンセリングの運営に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

選択肢

  1. 参加者同士の情報交換は不正確な情報や間違った情報を蔓延させるリスクが高いので、運営のルールとして禁止する。
  2. メンバー同士の仲間意識を醸成することは、共感性や支え合い、安心感の醸成にも役立つ。
  3. グループカウンセリングは集団活動であるので、ソーシャルスキルが不十分な学生などの若者に用いることは避ける。
  4. グループメンバーに様々な役割を与えることは、反感・反発を受けることが多く、グループダイナミクスの醸成が困難になるので行わない。

正解

2

各選択肢について

参考

  • 木村周『キャリアコンサルティング 理論と実際』5訂版

1つ目の記述

不適切です。

グループ・アプローチとは、「共通の目標と類似の問題を有するクライエント数人が会合し、リーダーの助言のもとに相互の情報、意見を交換し合うことによって、各自の問題解決に資することを目的にするグループ活動」である。(上記書籍310ページ)

なるべくメンバー自身に必要な情報提供をさせる。(上記書籍322ページ)

2つ目の記述

適切です。

3つ目の記述

不適切です。

ソーシャルスキルが不十分な学生などの若者のソーシャルスキルトレーニングにグループアプローチがしばしば用いられます。

4つ目の記述

不適切です。

グループのメンバーには一連の役割が設定され、その役割に従って、特定の機能が実行されます。(上記書籍311ページ)

参考

第3回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

 

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.