過去問研究

第2回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問8

2016年11月に行われた、第2回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問8について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

キャリア理論に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

選択肢

  1. シャイン(Schein,E.H.)は、「人が何らかの職業上の選択を迫られた時、最も手放したくない欲求、価値観、能力(才能)などをあらわすもの」で、職業生活において拠り所となるものとしてキャリア・アンカーを示した。
  2. クランボルツ(Krumboltz,J.D.)は、キャリア開発と職業選択に影響を与えるのは、先天的特 性(遺伝的要素と特殊な能力)、親の職業、信念、肯定的自己認知の 4 要素であるとしている。
  3. シュロスバーグ(Schlossberg,N.K.)は、「キャリアサバイバル-組織と役割の戦略的プランニング」の中で、個人ニーズと組織ニーズをマッチングさせることが重要であると述べている。
  4. バンデューラ(Bandura,A.)は、自己効力感を育てるためには「新しいことに挑戦する」「成功体験をする」「社会的説得を受ける」「生理的、感情的状態を整える」の 4 つの方法があるとした。

各選択肢を検討

キャリア関連理論から、キャリア理論と理論家についての設問です。

キャリア・アンカーについて

「人が何らかの職業上の選択に迫られたとき、ゆずれない欲求(動機)、価値観、能力(才能)などを現すもの」であり、職業生活での拠り所となるものである。

と養成講座テキストに書いてありました。

クランボルツの4要素について

クランボルツが、キャリア意思決定に影響を与えるとした4つの要因は、

  1. 遺伝的特性・特別な能力
  2. 環境的状況・環境的出来事
  3. 学習経験
  4. 課題接近スキル

でした。

キャリア・サバイバルについて

「キャリア・サバイバル―職務と役割の戦略的プラニング」はシャインの著作。

組織の中でアンカーを実現して職務を成立させること。職務と役割を分析して実現できるかプランニングし、組織の中で生き残っていくことが大切、としました。

「キャリアサバイバル-組織と役割の戦略的プランニング」はないのかも。

自己効力感の形成について

バンデューラは自己効力感を形成する要素として挙げたのは次の4つ。

  1. 遂行行動の達成/個人的達成=小さな成功体験の積み上げ
  2. 代理経験/代理学習=観察学習、読書
  3. 言語的(社会的)説得=「できる」という自己暗示、他者からの励まし
  4. 情動喚起/情緒的覚醒=生理状態、感情のコントロール

正解

1

参考

第2回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第2回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

-過去問研究
-

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント