国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第2回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問44

投稿日:2016年12月20日 更新日:

2016年11月に行われた、第2回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問44について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

相談者の方策の実行の支援に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

選択肢

  1. キャリアコンサルタントは可能性のある方策のメリット・デメリットを検討し、ベストなものだけを相談者に提供する。
  2. 方策の内容、目的、原理、プロセス、結果、結果から得られるメリット・デメリット、しなくてはならない活動を相談者に説明する。
  3. 方策の実行を進める過程での情報収集・提供はキャリアコンサルタントが責任を持って全て行い、相談者に情報収集はさせない。
  4. 方策を検討する過程では、相談者の意欲を低下させないために否定的な情報は提供しない。

正解

2

各選択肢を検討

参考

  • 木村周『キャリアコンサルティング 理論と実際』5訂版

1つ目の記述

不適切です。

可能性のある方策をいくつか考えて、そのメリット、デメリットを検討し、その中から一つを選択するのは、キャリアコンサルタントではなく相談者。(上記書籍291ページ)

2つ目の記述

適切です。

上記書籍291ページの内容に沿っています。

3つ目の記述

不適切です。

情報提供では、カウンセラーが情報そのものを提供するよりも、クライエントが情報を得る方法を教えるのが原則です。(上記書籍293-294ページ)

4つ目の記述

不適切です。

否定的な情報は、クライエントに自己学習させます。カウンセラーは一般的な情報を与え、クライエントがそれをもとにして、自分の期待内容等を再評価し、現実に合わせるようにさせます。(上記書籍294ページ)

参考

第2回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.