過去問研究

第2回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問35

2016年11月に行われた、第2回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問35について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

中央教育審議会「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)」(平成23年)で示された、「社会的・職業的自立、社会・職業への円滑な移行に必要な力」に関する次の記述のうち、正しいも はどれか。

選択肢

  1. キャリア発達に関わる諸能力として「人間関係形成能力」「情報活用能力」「将来設計能力」「意思決定能力」の 4つの領域が示された。
  2. 21世紀を生きる力として、「自己管理力」「チームワーク、リーダーシップ力」「倫理観」「生涯学習力」が示された。
  3. 就職基礎能力として、「コミュニケーション能力」「職業人意識」「基礎学力」「ビジネスマナー」「資格取得」が示された。
  4. 基礎的・汎用的能力として、「人間関係形成・社会形成能力」「自己理解・自己管理能力」「課題対応能力」「キャリアプランニング能力」が示された。

正解

4

各選択肢を検討

1つ目の記述

不適切です。

4つの領域については以下の通り。

キャリア教育を通して育成すべき能力については,国立教育政策研究所生徒指導研究センターによる調査研究報告書『児童生徒の職業観・勤労観を育む教育の推進について』(平成14年11月)が提示した「職業観・勤労観を育む学習プログラムの枠組み(例)―職業的(進路)発達にかかわる諸能力の育成の視点から―」によって示された能力論が広く知られている。これは「人間関係形成能力」「情報活用能力」「将来設計能力」「意思決定能力」の4つの能力領域と,それぞれの能力領域において2つの能力(順に「自他の理解能力,コミュニケーション能力」「情報収集・探索能力,職業理解能力」「役割把握・認識能力,計画実行能力」「選択能力,課題解決能力」)を例示したものである。この能力論は,多くの学校関係者の間で「4領域8能力」と呼びならわされており,大多数の学校におけるキャリア教育の基盤として活用されている。

出典:国立教育政策研究所

2つ目の記述

不適切です。

選択肢の内容は、中央教育審議会が「学士課程教育の構築に向けて(答申)」で示した、学士課程で育成する21世紀型市民の内容(日本の大学が授与する学士が保証する能力の内容)の中の、態度・指向性です。

3つ目の記述

不適切です。

選択肢の内容は、厚生労働省が展開した「YES-プログラム」の中で示された、若年者就職基礎能力の目安。

4つ目の記述

適切です。

参考

第2回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第2回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

-過去問研究
-,

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント