国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第2回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問33

投稿日:2016年12月20日 更新日:

2016年11月に行われた、第2回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問33について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

キャリアコンサルティングのマネジメントに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

選択肢

  1. 相談者との面談がカウンセリング・プロセスのどの段階にあるのかを常に把握する。
  2. 相談者の表情や声の質、話している内容が前回の相談時と異なると感じた場合は、相談者にどのような変化が生じたのか、新たな問題を抱えているのかを把握する。
  3. 相談者の相談内容を通して組織としての体系的な職業能力開発の機会を設定する必要性を感じても、人事部門担当者や事業主が行うべき領域であるので具申は行わない。
  4. スーパーバイザーから定期的に実践的助言や指導を受ける。

正解

3

各選択肢を検討

参考

1つ目の記述

適切です。

上記書籍229ページの内容に沿っています。

2つ目の記述

適切です。

上記書籍229ページの内容に沿っています。

3つ目の記述

不適切です。

キャリアコンサルタントは相談者の利益を最優先に考えて環境へ働きかけます。(倫理綱領、能力体系)

4つ目の記述

適切です。

上記書籍229ページの内容に沿っています。

参考

第2回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.