過去問研究

第2回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問31

2016年11月に行われた、第2回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問31について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

構成的グループ・エンカウンターのリーダー(ファシリテーター)に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

選択肢

  1. リーダーに最も必要な能力は、参加者に対して適切な指示を出し、限られた時間の中で一定の結論や決定ができる能力である。
  2. エクササイズを用意する際には、参加者の新たな知識やスキルの開発、保有している職業能力のレベル向上を狙う。
  3. リーダーは参加者が自分の権利を守れない場合や、インストラクションどおりの作業をしない場合があっても、参加者間の自浄機能が作用することを辛抱強く待ち、原則として介入はしない。
  4. シェアリングの際、リーダーは解釈、分析や批判は行わず、メンバーの中に生じた体験を共有させる。

正解

4

各選択肢を検討

参考

  • 木村周『キャリアコンサルティング 理論と実際』5訂版

1つ目の記述

不適切です。

構成的グループ・エンカウンターのリーダーは、こじんて個人的感情交流の能力(自己開示)と、役割関係の展開能力(自己主張)の2つを兼備していることが望ましい、とされています。(上記書籍314-315ページ)

2つ目の記述

不適切です。

エクササイズのねらいは、自己理解、自己受容、自己表現、主張、感受性、信頼体験、役割体験。(上記書籍315ページ)

3つ目の記述

不適切です。

メンバーが自分で自分の権利(例えば、沈黙したい)を守れない場合、インストラクションどおりの作業をしない、ルールが守られていない場合などに、リーダーはグループを軌道に乗せるために介入します。(上記書籍317ページ)

4つ目の記述

適切です。

参考

第2回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第2回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

-過去問研究
-,

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント