過去問研究

第17回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問49

2021年6月に行われた、第17回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問49について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

企業領域で活動するキャリアコンサルタントに必要なネットワークに関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

選択肢

  1. 中小企業で働く相談者がメンタル不全と思われる場合には、社外の地域産業保健センターのネットワークを活用して対応することが必要となる場合もある。
  2. キャリアコンサルタントが企業の従業員の教育訓練の推進に携わる際には、地方行政の生涯学習部門とのネットワークを活用することが最も有効である。
  3. 企業内といえどもキャリアコンサルタントは相談者の秘密を守ることが最も重要な義務であり、情報保護の観点から、社内の様々な部門等との協働やネットワークを持つことは避けるべきである。
  4. 異動を希望するクライエントの課題解決のためには、日頃から人事異動の機密情報をいち早く入手できるよう、人事部門とのネットワークを構築しておくことが最も有効である。

正解

1

各選択肢を検討

4つ目の選択肢の内容は異なりますが、他は第13回 問48と全く同じでした。

キャリアコンサルタントに必要なネットワークについては、まず能力体系を基本として、プラスαで他の知識も組み合わせて考えましょう。

厚生労働省:キャリアコンサルティング実施のために必要な能力体系(改訂比較表)には以下の記載があります。

三 ネットワークの認識及び実践

1 ネットワークの重要性の認識及び形成

個人のキャリア形成支援を効果的に実施するためには、行政、企業の人事部門等、その他の専門機関や専門家との様々なネットワークが重要であることを認識していること。
ネットワークの重要性を認識したうえで、関係機関や関係者と日頃から情報交換を行い、協力関係を築いていくことができること。
また、個人のキャリア形成支援を効果的に実施するため、心理臨床や福祉領域をはじめとした専門機関や専門家、企業の人事部門等と協働して支援することができること。

1つ目の記述

適切です。

厚生労働省:メンタルヘルス対策(心の健康確保対策)に関する施策の概要記載の「職場における心の健康づくり」に、以下のように記載されています。

 小規模事業場においては、事業者がメンタルヘルスケア実施の表明をし、セルフケア、ラインによるケアを中心として、実施可能なところから着実に取組みを進めることが望ましいです。
また、必要な事業場内産業保健スタッフが確保できない場合、衛生推進者または安全衛生推進者を事業場内メンタルヘルス推進担当者として選任するとともに、地域産業保健センター等の事業場外資源の提供する支援等を積極的に活用することが有効です。

2つ目の記述

不適切です。

企業の従業員の能力を高めるために役立つ諸制度として学んだものは、厚労省のものばかりだったのではないでしょうか。

従業員の教育訓練と生涯学習の違いも押さえておきましょう。

文部科学省や、日本最大の政令指定都市である横浜市による生涯学習観は以下の通りで、中小企業の従業員の教育訓練の推進に携わる際には、地方行政の生涯学習部門とのネットワークは、活用できればそれもいいですが、そんなには必要なさそうです。

「生涯学習」とは,一般には人々が生涯に行うあらゆる学習,すなわち,学校教育,家庭教育,社会教育,文化活動,スポーツ活動,レクリエーション活動,ボランティア活動,企業内教育,趣味など様々な場や機会において行う学習の意味で用いられます。

文部科学省ホームページより

生涯学習は、個人の楽しみや自己の向上のために行われるだけでなく、市民一人ひとりが学びを通じて、いきいきと暮らしたり、人と人、人と地域社会など様々なつながりをはぐくみ、多様な文化を尊重し、互いに支えあいながら豊かに共生するまちをつくることを目的として行うことが、今まで以上に期待されています。

横浜市ホームページより

3つ目の記述

不適切です。

企業内においても相談者の秘密を守ることは大切ですが、能力体系では、キャリアコンサルタントはネットワークの重要性を認識したうえで、関係機関や関係者と日頃から情報交換を行い、協力関係を築いていくことができなければならないとされています。

4つ目の記述

不適切です。

人事部門とのネットワークを構築することは、企業内キャリコンにとって必要なことですが、発表前の人事異動等の機密情報を伝えることは社内規定等の違反となります。

異動を希望するクライエントの課題解決方法が、本当に異動なのか?
異動希望が主訴だとしたら、その背後にあるものをクライエントに寄り添い一緒に考えていく等したいものです。

参考

第17回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

関連記事

-過去問研究
-,

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント