過去問研究

第16回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問28

2021年3月に行われた、第16回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問28について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

ストレスチェック制度に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

選択肢

  1. ストレスチェック結果の評価方法、基準は、実施者の提案・助言、衛生委員会における調査審議を経て、事業者が決定する。
  2. 高ストレス者の選定では、自覚症状が高い者や、自覚症状が一定程度あり、ストレスの原因や周囲のサポートの状況が著しく悪い者を選定するのが原則である。
  3. ストレスチェックの結果を本人に通知するときは、個人のストレスプロフィール、ストレスの程度、面接指導の対象者か否かの判定結果を通知する。
  4. ストレスチェックの実施者は、事業場の問題点を把握する観点から、労働者の同意を得なくても、事業者には労働者個別の結果を報告しなければならない。

正解

4

各選択肢を検討

ストレスチェック制度そのものについてそんなに理解していなくても、個人情報の扱いについて理解があれば正解にたどり着きやすい問題でした。

参考

上記ページに、ストレスチェック制度に関する法令の他、当該制度の実施マニュアルや導入ガイドなども掲載されています。

1つ目の記述

適切です。

上記導入ガイド8ページの内容に一致します。

2つ目の記述

適切です。

上記導入ガイド8ページの内容に一致します。

3つ目の記述

適切です。

上記導入ガイド9ページの内容に一致します。

4つ目の記述

不適切です。

上記導入ガイド10ページによれば、ストレスチェックの実施者は、労働者の個別の同意がなければ、事業者に結果通知することは禁止されています。

参考

第16回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第16回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

-過去問研究
-,

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント