過去問研究

第15回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問39

2020年11月に行われた、第15回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問39について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

「自己実現できないので転職したい」と訴える若手会社員への、面談初期の対応に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

選択肢

  1. 自己実現できないと思うようになった経緯や、そう感じるようになったエピソードを話してもらう。
  2. 自己実現できない相談者の不満や苦しさを語ってもらい、それを受容して共感を示す。
  3. 相談者にとって自己実現できると思える職業を確認して、適切な転職先を一緒に考える。
  4. 相談者にとっての自己実現とはどういうことかを再検討して、現実とのズレについて話し合う。

正解

3

各選択肢を検討

資格取得後を見据えたか?個別のケースで具体的にどのような支援を行っていくかが問われています。

キャリコンの養成講座を受けるなどして、キャリコンとしての支援の基本姿勢が理解できていれば正答が導き出せそうですが、実技試験の対策も進んでいるとより簡単に感じられると思います。

ちなみに、若者支援の中でも早期離職する若者の課題について、厚生労働省の資料に以下の記載があります。

テーマ2 早期離職する若者の課題

早期離職する若者の特徴として、相談できない(コミュニケーション力が低い)、自己理解(アイデンティティ)理解不足や自己不一致、納得感の不足等の意見が出された。また、自己の興味・関心を理解していても辞める場合は人間関係に原因があることが指摘された。若者が職場に定着していくために必要な要素については、職場が自らの居場所である感覚、楽観性や自己効力感、仕事を面白くする能力、モデルやメンターとなる存在、同僚等と愚痴が話せる環境の必要性等の意見が出された。また、若者自身の特徴ではないが、要求される職業能力水準が高まっている状況が指摘された。

次に、早期離職を抑止するための環境側に求められる要素として、若者のストレスに対する上司の察知能力、評価に納得できず辞める人がいる場合は人事考課システムの導入や再考、若者は”自分のこと”はよく考えているので管理者がキャリア形成支援の姿勢を見せることの重要性を理解する管理者教育、上司部下の信頼関係の構築の必要性等の意見が出された。最後に、離職を考えている若者を支援する際の課題については、丁寧な振返りにより、辞める理由の明確化や自己の進むべき方向性等が明確化すること、課題解決の方策の選択肢が乏しいまま結論を先に出す傾向があり、多様な選択肢の検討が必要なこと、成功体験をしないまま辞表を出す人には、成果が出せていないことを内省させるようなアプローチも必要であろうという意見、多頻度短時間の支援が有効であること、関係構築の重要性(趣味や興味等から深める)等が指摘された。その他、共通した認識として、就労が最低でも 3 年は続く方法(課題対処スキル)を考えることが重要であるということが示された。

出典:厚生労働省:労働者等のキャリア形成における課題に応じたキャリアコンサルティング技法の開発に関する調査・研究事業 報告書(平成 29 年度 厚生労働省委託事業)PDF

1つ目の記述

適切です。

傾聴の基本で、受容的に応答するとこのような流れになります。

2つ目の記述

適切です。

クライエントの気持ち・感情を受け止めて共感を示すのは、基本中の基本です。

3つ目の記述

不適切です。

自己実現できると思える職業を確認して、適切な転職先を一緒に考えるのは、面談のもっとずっと後の方。初期においてはクライエントの今の感情・気持ちを語ってもらう必要があります。

4つ目の記述

適切です。

面談初期に語られるクライエントの気持ち・感情と関連して聞いておきたい内容です。

参考

第15回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第15回 学科試験 問1~問50

※問1~49まで解説済み。問50は鋭意作成中。

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

-過去問研究
-,

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント