過去問研究

第14回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問6

2020年3月に行われた、第14回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問6について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

バンデューラ(Bandura, A.)が提唱したモデリングによる学習の過程に関する次の記述のうち、順序として適切なものはどれか。

選択肢

  1. 注意過程 → 動機づけ過程 → 保持過程 → 運動再生過程
  2. 注意過程 → 保持過程 → 運動再生過程 → 動機づけ過程
  3. 動機づけ過程 → 保持過程 → 運動再生過程 → 注意過程
  4. 動機づけ過程 → 保持過程 → 注意過程 → 運動再生過程

正解

2

各選択肢を検討

参考

  • 渡辺三枝子『キャリアの心理学』第2版 133ページ

上記参考書籍ページによれは、バンデューラ(Bandura, A.)が提唱したモデリングによる学習の過程は以下の4過程です。

  1. 注意過程
  2. 保持過程
  3. 運動再生過程
  4. 動機づけ家庭

1つ目の記述

不適切です。

順序が間違っています。

2つ目の記述

適切です。

バンデューラ(Bandura, A.)が提唱したモデリングによる学習の過程に合致します。

3つ目の記述

不適切です。

順序が間違っています。

4つ目の記述

不適切です。

順序が間違っています。

参考

第14回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第14回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20

※続きは鋭意作成中※

 

-過去問研究
-,

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント