過去問研究

第14回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問49

2020年3月に行われた、第14回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問49について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

地域障害者職業センターに関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

選択肢

  1. 地域障害者職業センターで行われているリワーク支援を利用する場合は、精神障害者保健福祉手帳が必要である。
  2. 地域障害者職業センターで行うリワーク支援の活動スケジュールは、支援対象者の状況に応じて柔軟に変更することができる。
  3. 地域障害者職業センターは、全ての都道府県に設置されている。
  4. 地域障害者職業センターでは、事業主に対し、障害のある人の雇用管理に関する事項についての援助を行っている。

正解

1

各選択肢を検討

働きづらさを訴えるケースの中には、何らかの疾患や障害が疑われる場合が少なくありません。そしてもし、疾患・障害のせいで働きづらいなら、国家資格キャリアコンサルタントは相談者を適切な専門機関等につながなければなりません。

働く人に関係のある専門機関について、おおよそのことは押さえておくとよいと思います。

まずは勤務先や自宅近くの、地域障害者職業センターについて知っておきたいところ。

参考

1つ目の記述

不適切です。

手帳がなくても診断書等で精神疾患があると確認できればOK。

精神障害のある方とは、精神保健福祉手帳や医師の診断書等により、 躁うつ病、統合失調症、その他の精神性疾患を有していることが確認できる方を指します。

2つ目の記述

適切です。

上記参考ページの内容に沿っています。

3つ目の記述

適切です。

上記参考ページの内容に沿っています。

4つ目の記述

適切です。

上記参考ページの内容に沿っています。

参考

第14回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第14回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

-過去問研究
-,

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント