国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第14回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問4

投稿日:2020年4月8日 更新日:

2020年3月に行われた、第14回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問4について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

キャリアコンサルタントの職業倫理に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

選択肢

  1. キャリアコンサルタント自身が、育児休暇を取る予定があったが、相談者に心配をかけると良くないので、休暇に入ってから後任のキャリアコンサルタントに説明してもらった。
  2. 面談の過程で、相談者の上司に問題があることがわかったので、相談者の利益を考え、相談者には断らずに人事部に報告した。
  3. 外国人社員に対して、英語によるキャリアコンサルティングを依頼されたが、十分意思疎通できるだけの語学力がないため、相談者の同意を得て、英語力の高いキャリアコンサルタントを紹介することにした。
  4. 大学生に対するキャリアコンサルティングの過程で、相談者がなかなか決断しないので、「この方向で進めましょう」と指導し、時間内で結論を出すようにした。

正解

3

各選択肢を検討

1つ目の記述

不適切です。

解説は後日追加予定。

2つ目の記述

不適切です。

解説は後日追加予定。

3つ目の記述

適切です。

解説は後日追加予定。

4つ目の記述

不適切です。

解説は後日追加予定。

参考

第14回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒(作成中)

第14回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10

-過去問研究
-

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.