過去問研究

第14回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問17

2020年3月に行われた、第14回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問17について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

職業能力開発に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

選択肢

  1. 日本企業ではOJT(On the Job Training)が重視されるのに対し、欧米企業ではOff-JT(Off the Job Training)が重視される。
  2. Off-JTを行う際には、訓練に直接必要となる「直接費用」のほかに、訓練に参加する労働者が訓練期間中に仕事から外れることなどから生じる「機会費用」を考慮しておく必要がある。
  3. OJTを行う際には、訓練期間中に、教える側が仕事に専念できなくなること、教えられる側が訓練のため慣れない仕事に従事して生産性が低下することから生じる「機会費用」を考慮しておく必要がある。
  4. 人的資本理論では、企業内訓練で現在働いている企業でしか使えない企業特殊能力を高めた従業員は、給与面では転職しないほうが有利であると考えられている。

正解

1

各選択肢を検討

参考

1つ目の記述

不適切です。

解説は後日追加予定。

2つ目の記述

適切です。

解説は後日追加予定。

3つ目の記述

適切です。

解説は後日追加予定。

4つ目の記述

適切です。

解説は後日追加予定。

参考

第14回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第14回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20

※続きは鋭意作成中※

 

-過去問研究
-

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント