過去問研究

第14回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問1

2020年3月に行われた、第14回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問1について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

「第10次職業能力開発基本計画」(厚生労働省、平成28年4月)で述べられた、職業能力開発をめぐる今後の方向性や施策の展開に関する次の記述のうち、適切なものはいくつあるか。

  • 生産性向上に向けた人材育成の強化
  • 企業における人材育成投資の促進
  • IT分野に関する職業訓練の推進
  • セルフ・キャリアドックの導入の推進

選択肢

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ

正解

4

各選択肢を検討

全ての選択肢が適切、ということでした。

1つ目の記述

適切です。

「生産性向上に向けた人材育成の強化」は、「第10次職業能力開発基本計画のポイント」の1番目に書かれている、とても重要な項目。

就職氷河期世代に対して育成の投資をケチったことの弊害を学んだ成果かもしれません。

2つ目の記述

適切です。

「企業における人材育成投資の促進」については、当該資料20ページに該当箇所があります(以下項目)。

第4部 職業能力開発の基本的施策
>4 人材の最適配置を実現するための労働市場インフラの戦略的展開
>(5) 企業における人材育成投資の促進

3つ目の記述

適切です。

「IT分野に関する職業訓練の推進」については当該資料12ページに該当箇所があります(以下項目)。

第4部 職業能力開発の基本的施策
>1 生産性向上に向けた人材育成の強化
>(1)IT人材育成の強化・加速化

4つ目の記述

適切です。

「セルフ・キャリアドックの導入の推進」については当該資料13ページに該当箇所があります(以下項目)。

第4部 職業能力開発の基本的施策
>1 生産性向上に向けた人材育成の強化
>(2)労働者の主体的なキャリア形成の推進

参考

第14回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第14回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20

※続きは鋭意作成中※

 

-過去問研究
-

© 2021 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント