国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第13回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問43

投稿日:2019年12月3日 更新日:

2019年11月に行われた、第13回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問43について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

厚生労働省編 一般職業適性検査[進路指導・職業指導用](GATB)に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

選択肢

  1. 多様な職業分野で仕事をする上で必要とされる、代表的な9種の適性能を測定することができる。
  2. 検査の主たる目的は、個人の性格と適職領域のマッチングを行うことである。
  3. 適性職業群の基準と、個人の適性能プロフィールを照合することによって、幅広く適職を吟味することができる。
  4. 11種類の紙筆検査、4種類の器具検査から、適性能が測定される。

正解

2

各選択肢を検討

1つ目の記述

適切です。

上記参考ページの内容に沿っています。

2つ目の記述

不適切です。

主たる目的は、個人の性格と適職領域のマッチングではなく、「多様な職業分野で仕事をする上で必要とされる代表的な9種の能力(適性能)を測定することにより、個人の理解や適職領域の探索等、望ましい職業選択を行うための情報を提供すること」です。

3つ目の記述

適切です。

上記参考ページの内容に沿っています。

4つ目の記述

適切です。

上記参考ページの内容に沿っています。

参考

キャリコンを目指すなら、GATBは一度受けておくといいのではないかと思います。百聞は一見に如かず、百見は一経験に如かず。試験に受かるためだけでなく、クライエントに受験を勧めるにも、キャリコンとして活動するにあたっての自分の強みや弱みを知るのにもきっと役立ちます。

第13回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第13回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

-過去問研究
-

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.