国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第13回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問35

投稿日:2019年12月3日 更新日:

2019年11月に行われた、第13回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問35について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

問題文

カウンセリング場面の構造化に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

選択肢

  1. カウンセリングの目標や限界を説明する。
  2. カウンセリングに対する方針や考えを伝える。
  3. 時間、場所、回数を設定する。
  4. 一回の相談の中での時間配分と応答パターンを事前に決める。

正解

4

各選択肢を検討

キャリア・カウンセリングのシステマティック・アプローチやキャリアコンサルタント倫理綱領から正答が導ける設問です。

1つ目の記述

適切です。

システマティック・アプローチや倫理綱領に沿っています。

2つ目の記述

適切です。

システマティック・アプローチや倫理綱領に沿っています。

3つ目の記述

適切です。

システマティック・アプローチや倫理綱領に沿っています。

4つ目の記述

不適切です。

一回の相談の中での時間配分と応答パターンを事前に決めておくことは、カウンセリング場面においてふさわしくありません。ロジャーズの来談者中心アプローチにも反する姿勢です。

参考

第13回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第13回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

-過去問研究
-

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.