国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第11回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問47

投稿日:2019年3月24日 更新日:

2019年2月に行われた、第11回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問47について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

外部サイトへのリンクは、各サイトの都合でページURLが変更となるなどして、切れる場合があります。ご了承ください。気付き次第修正します。

問題文

スーパービジョンに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

選択肢

  1. キャリアコンサルタント登録制度においては、資格更新の要件として、スーパービジョンを受けることが必須とされている。
  2. スーパービジョンは、キャリアコンサルタント自身のスキル向上のみを目的に行うものである。
  3. スーパーバイジーは、いったんスーパーバイザーを選んだ後は、変更したいと思っても同じスーパーバイザーに依頼しなくてはならない。
  4. スーパーバイジーは、スーパーバイザーとの援助的対人関係を通じて、自身や相談者との関係性についての理解を深めることができる。

正解

4

各選択肢を検討

1つ目の記述

スーパービジョンは、資格更新の要件にはなっていません。

2つ目の記述

スーパービジョンの目的は以下の通り。

  1. アセスメントと介入スキルの検討
  2. ケース理解・ケース概念化能力の向上
  3. 専門職としての役割遂行能力の獲得
  4. スーパーバイジーの情緒的・対人的気づきの深化
  5. 自己評価能力の向上

グループスーパービジョンであれば、多角的な視点からたくさんの質問やフィードバックが得られることもあり、集団からの気づきや学び合い、啓発的な経験が得られることもあります。

3つ目の記述

スーパーバイザーの変更や、複数のスーパーバイザーへの相談は可能。

4つ目の記述

スーパービジョンの目的に沿っています。

参考

第11回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第11回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.