国家資格キャリアコンサルタント取得を目指す人のためのWebサイト

絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント

過去問研究

第11回 キャリアコンサルタント 学科試験問題 問14

投稿日:2019年3月24日 更新日:

2019年2月に行われた、第11回キャリアコンサルタント 学科試験問題の問14について。

国家資格キャリアコンサルタント過去問題一問一答集、詳しい解説・出典付き。

より丁寧&正確を心がけています。

万一間違っていたらごめんなさい&ご指摘願います。

問題文

両立支援等助成金の介護離職防止支援コースを活用した支援において、事業主が助成金の支給を受けるための要件に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

選択肢

  1. 仕事と介護の両立のための職場環境整備の取組みとして、「両立に関する実態把握」、「制度設計・見直し」、「介護に直面する前の従業員への支援」、「介護に直面した従業員への支援」を行う必要がある。
  2. 介護に直面した労働者との面談を実施し、介護の状況や今後の働き方についての希望等を確認のうえ、「介護支援プラン」を作成・導入する必要がある。
  3. 介護に直面した労働者の支援を行う企業の相談窓口担当者には、キャリアコンサルタントを配置する必要がある。
  4. 介護休業の取得等について、「介護支援プラン」により支援する旨を、就業規則等で明文化・周知する必要がある。

正解

3

各選択肢を検討

1つ目の記述

適切です。

選択肢の内容のようなことが実践マニュアルに書いてあります。

2つ目の記述

適切です。

選択肢の内容のようなことが実践マニュアルに書いてあります。

3つ目の記述

不適切です。

介護の相談窓口へのキャリアコンサルタント配置は必須ではありません。

4つ目の記述

適切です。

選択肢の内容のようなことが実践マニュアルに書いてあります。

参考

第11回学科試験の参考資料・サイトまとめはこちら⇒

第11回 学科試験 問1~問50

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20 問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50

-過去問研究
-,

Copyright© 絶対合格!国家資格キャリアコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.